sapphire1707:

Gloriosa Daisy (Rudbeckia hirta) - Eye Catching colors by PL Tandon (Thanks for 1.1 Million+ views) on Flickr.

Katsushika Hokusai

(元記事: irycente (astrogatorから))

(imgingから)

"2人の看護師で清拭するとき、両側から“「はい、こっちの手~、今度はこっちの手~」のようにしてゴシゴシ洗っていく感じ”では、両側から情報が入り、混乱してしまう。
ユマニチュードでは「黒子とマスター」に分かれる。
1人は、ずーっと患者と目を合わせて語りかける。
“「今から私の友達だちが、お背中を拭きますよ~」”というふうに。
もう1人が、ケアに徹する。
情報を一本化して混乱させないようにする。"

究極の認知症介護メソッド「ユマニチュード」とは - エキレビ!(1/2)

petapeta:

25 оригинальных фото — Интересное — Релакс!
"

日常生活で、 他人の欠点や短所に 目が向くようになったら 注意が必要です。

それは、 心が弱ってきている 信号かもしれないからです。

私たちは、 自分が良い状態の時には、 人の欠点や短所は、 それほど気になりません。

仮に気づいたとしても、 それを受け入れる 余裕があるものです。

"

見下す気持ちに要注意!!【メンタルヘルス】|カウンセラーからのおすそわけ (via otsune)

(edieeleeから)

"

 例えば、「なぜ和食の献立でも牛乳を出さなければいけないのか」という区長の疑問を受け、毎日牛乳を出すのは当たり前だと思っていたが、お茶ではダメなのかを検証し直した。

 牛乳には都から助成金が出ているため、紙パックのお茶にすると予算内でまかなえなくなってしまう。給食室で麦茶を作る場合は衛生面をクリアするためには食器をしまう消毒保管庫を新たに購入する必要がある。そしてなにより、牛乳以外でカルシウムの必要摂取量を摂るには、小松菜や小魚を大量に食べなければならず、献立に偏りが出てしまう。

"

— 「日本一うまい! 足立区の給食改革【1】」(プレジデント 2014年7月19日) (via 719043)

(元記事: h-yamaguchi (edieeleeから))

sapporosanporo:

夏の名残

(iyoupapaから)

sqiz:

「日本は90年前から芸術大国だったんだ」 ロシア人「1920年代~30年代に作られた日本の貴重なポスター画像集をご覧下さい」 【画像50枚】 : 世界の憂鬱

物事をありのままに見て、ありのままに捉えるのは、簡単なようで難しい。まず、ありのままに見れない。見ているつもりでも見れてない。しかも、見れてない事に気付かない。だから、ありのままに捉えられない。

ありのままに見ること・捉えることができないと、その錯覚によって、誤った方法論や結論が導かれる。よって、行動も誤る。

つい、やり方が・・行動が・・という面に拘ってしまうが、実はそもそも物事を見誤っていた場合、そんなことを論じても無意味なのは明白だ。

自分の中にあるフィルター(不安・怖れ・怒り・優越・排他・・など数々の意識)により「ありのまま」が霞んだり、変形したり巨大化したりする。

望む結果を出すための方法や行動は、自分にあるフィルターを観察し実態を掴むことで、自然に現れるものなのかもしれない。