(元記事: keito-mono (kakisibuから))

"

ホウレンソウは上司から部下に行う


僕の狭い観測範囲で昔の尊敬する上司とか、
TVのプロフェッショナルや情熱大陸で見た
名プロデューサー、編集者、社長、ディレクターなんかの
共通点なんですが、みんな自分から細かい連絡を取りに行ってるんですね。

立場は上だから黙って報告を受ける側にまわってもいいのに、
自分から毎日進捗を伺いに連絡をとる。
任せたからといってほったらかしにしないんですよね。

それがあまりプレッシャーにならないよう、
ただの雑談に混ぜる人もいますし、
そこからそれとなく問題点を引き出したりするのはやはりうまいです。

なんでそういうやり方にたどり着いたのかわかりませんが、*2

部下は良い状態になるまで絶対報告してこない

という気持ちは僕自身にもすごくよくわかる心理なので、
それを踏まえると、このやり方は見習うところがあると思います。

"

部下がホウレンソウをしない理由 - teruyastarはかく語りき (via mysmn)

(itokonnyakuから)

"

僕は現在、家具家電が備えつけのシェアハウスに住んでいますが、すべての荷物はバックパックひとつに収まります。もちろん、以前はウォーターベッドやガス乾燥機などまで、ひと通り家財道具があって、Tシャツも100枚、靴も十数足あったのですが、1年間、海外へギャンブルの旅に出て、帰国して部屋に戻ったときに、「ここにある荷物は本当に必要なのかな」とふと考えました。結局、1年間のくりかえしが人生なのだから、丸1年間もタッチしていない荷物は必要ないんじゃないかと思えたことがきっかけでしたね。

この不必要かも知れない荷物をエゴで持ち続ける分、スペースも必要となり、お金がかかる。モノを所持することは、見えにくい部分でランニングコストがかかっていることに気付けたのです。ならば僕の格言「敗因を消すのが勝因」。勝負師としての判断力で解決できないのか。

"

モノへの所有欲から卒業すると、「勝ち方」が見えてくる:プロギャンブラーに聞く仕事術(3) | ライフハッカー[日本版] (via yskwkt)

(zhenyouから)

twinleaves:

EC2014で「平均文字は美しい」という研究発表を行いました | 中村研究室のウェブサイト
lllamnesiaclll:

言葉を失う「美しい石付盆栽」の数々 | DDN JAPAN

lsthatpaulrudd:

Pumpkin Pie Ice Cream

'Tis the season!

Made with pumpkin puree, spices and brown sugar! It’s super yummy, but my favourite thing about this ice cream recipe is you don’t need an ice cream machine to make it! 

Get my recipe here

Pin it

Follow Giraffes Can Bake on Facebook

(confectioneryblissから)

"

1. 近所の託児所


これを実現する方法はいくつもあります。あなたの会社の規模にもよりますが、会社近くに低価格、または無料の託児所だって作ることができるかもしれません。場合によっては、従業員が子供を職場に連れてくることを許可することさえ可能です。それには他の従業員の邪魔にならず、また与えられた業務はキッチリこなすという前提が必要にはなりますが。従業員には家族がいます。ですので、その近くで働くための手立ては、大きな支えになります。


2. 長期勤続に対する報酬の休暇


何年も同じ会社に勤めていれば、燃え尽きることは避けられません。有給、かつ、復職の保証がある長期勤続休暇(一般的には3ヶ月間)は、社員をリフレッシュさせるのみならず、間違いなくやる気満々で戻ってきます。そんな制度があれば大きな福利厚生になります。長年ひとつの会社に勤めることはそれだけ大きなことなのです。


3. 会議を少なくする


多くの会社が会議をしすぎており、会議を整理しきれないことによって貴重な時間を無駄にしています。あなたが社員なら、週に何度も会議に出席するべきではありません。仕事に集中できるようになれば、社員はより幸せを感じます。全員を会議で拘束することが、物事を解決するわけではないのです。


4. 外が見える部屋


すべての従業員に個室を与えることは不可能でしょう。しかし、自然の光が入らないラスベガスのカジノのような環境で働くのはうんざりです。また、自然光は前向きな考え方に不可欠であり、一般的に従業員の生産性は上がります。オフィスの環境は注意深く選びましょう。


5. リモートワークの選択肢


その場にいなくて良い仕事であっても、多くの場合、企業は従業員に職場への出勤を要求します。物理的にその場にいないと仕事にならない場合を除き、遠隔会議や在宅勤務、または部分的な在宅勤務を試してみてはどうでしょう。多くの人は在宅勤務の楽しさと引き換えに、低い給与を受け入れるでしょうから、あなたが雇用者なら新しく雇用する従業員に提示する給与の額を下げられるかもしれません。


6. 柔軟な勤務スケジュール


リモートワークであったとしても、柔軟な勤務スケジュールは社員をさらに幸せにします。子供のサッカーの試合を観戦したいかもしれないですし、早い時間に現地に入らないといけないコンサートの券を当日手に入れたかもしれません。勤務時間を正しく申告し、かつ、仕事がこなせている限りは、勤務時間については寛容になってあげてはどうでしょう。

"

会社の従業員が秘かに欲しがっている6種類の福利厚生 | ライフハッカー[日本版] (via darylfranz)

(toshi0104から)

"「先生、○○科で名医はいないでしょうか」という質問が来ました。


ホイ来た。それは当院でのFAQです。患者の住所を確認。
そしてその近隣には名医のA先生がおられます。


(きっといつものパターンだろうな)と思い、慎重に聞いていきます。


「あなたはS市にお住いでしたね」

「はい」

「もうすでに近隣の先生にはおかかりである、と考えてよろしいですね」

「はい」

「では、評判の良い、患者のとても多い先生にすでにおかかりになったのではないですか?」

「はい。A先生です」

「やっぱり、それでどうなりました?」

「実は一ヶ月ほど前にかかったのですが、処置して、これで治ると言われたんです」

「なるほど。しかし治らずに黙って別の医院に行きましたね?」

「そうなんです。またなってしまったので、今度はB病院に行きました。そうしたら、B病院では前の処置が悪いと言うんです」

「なるほど、でもB病院でも治ってないんでしょ?」

「そうなんです」

「私、A先生は名医だと思ってます。厳しすぎるっていう評判もありますけれどね。まず、見立てが良いです。診断が正しい。これは大切なことです。実はB病院でやっている定期的な研究会がありまして、私それに出るんですけれど、そこで毎回発表されている開業医ってA先生だけです。他の先生たちより圧倒的に珍しい症例が多いです。そしてとても頭が良いです。こういう研究会でどういう活動をしているのか、って実は医者の実力を一番知るいい機会。名医だと思う次の理由は患者が多い事です。あんなに厳しくてもやっぱり多いんです。どうしてか。治るからでしょ?あと、あなたにもそうだけれど、『治りますよ』って言ったんでしょ?つまり混んでいるのは次回も来なさいと強制しているからじゃないっていう証明です。混んでいる医院の中には予約を必ずとるところが多いですからね。でもそうじゃないことがあなたの言動からわかって、良かったです。ますます名医だと確信を持ちました。さて、B病院。診てくれた先生、ひよっこでしたよね?」

「ええ、まあ。若い先生で」

「B病院が損してるなあと思うのは、前の医療機関の批判を必ずする先生が多いってところです。自分が上手くいかない時の保険をかけちゃう」

「自信がないんでしょうか」

「だとすれば、損ですよね。きっと上の先生の言動を真似しているだけなんですけれど。そこがB病院の惜しいところです。でもあなたが紹介状を持っていかないのが悪いんですけれどね。今聞いたところではA先生の処置は正しいです。でもね、あなたは再発をするリスクを持ってる。これは再発してからわかります。再発してから情報を集めるのが効率が良いですからA先生のやり方は正解だと思うんです。だからあなたが失敗だったのは治らなかった時にA先生のところにもう一度行かなかったことです。名医ってのはまた来いとは言わないことが多いです。だって患者さん減らしたいんだもん。そこで淘汰されるわけ。あなた淘汰されちゃったんです。だからあなたの通院パターンでは誰も名医になることは出来ません。逆にいうとあなたは名医にはかかれないんです」

「えー」

「だってそうでしょ。最初から名医にかかっちゃってるんです。でも親切でもない、手取り足取りでもなかった、という理由で二度とかからなかったんです。名医はなんとなく患者さんを減らそうとする、という法則があることさえ知っていればねえ。惜しい。ちなみに名医はこんな無駄話はしない」

「じゃあもう一度かかるのが良いんですね」

「です。治らなかった時こそ名医の真価が発揮されます。そこから糖尿病とか膠原病とか別の病気が見つかることがある。良い患者さんというのは先生とのコミュニケーションがうまい。あなたもそうなれるようにしてください」



名医を探している人にある程度共通する特徴があります。

1)自分がかかっている医師の真価がわからず素通りしている。
2)なぜなら「後医は名医」の法則を信用しすぎており、あとに聞いた意見を優先するから。
3)コミュニケーションが上手いと思っているけれど、本当は下手で、前に引き返すことが出来ない。

常にベルトコンベアーに乗っているかのように、一方通行でドクターショッピングをする人に名医を見つけられるわけがありません。


ほとんどがこんな具合なので、まずはその人の経過を聞いてみます。すると途中ですでに答えを出してくださっている先生がおられ、しかしそこを無視して通りすぎてしまっている、という事がよくあります。そして通りすぎてしまう理由がコミュニケーション不足です。

ちょっとだけ考え方を変えると良い医療が受けられるのにもったいないことです。良くならないときにいかに上手く情報を医師に伝えられるか、です。メモを書いて持っていく。自分の病歴を詳しく話す。できる事はたくさんあると思います。"

鵜川医院ブログ: 名医を探している人たちに共通する特徴 (via petapeta)

(toshi0104から)

"ハーバード大学は最近、「どのような男性が将来性があり仕事で成功するのか?」という研究の結果を発表した。

同研究は、268人の男性を対象に「IQ」や「飲酒の習慣」などあらゆる角度から行われ、20億円という研究費と、75年間という長い期間が費やされた。

スタジオではハーバード大学による研究結果に大きな期待が集まったが、大切なのは「人間関係」であることが発表されると、出演者らはあ然。発表によると、「将来性」は、IQや生活習慣とは関係なく、幼少期に母親と温かい関係を築けていたかどうかに左右されるという。

この当たり前とも思える結果に、ゲスト出演したキャスターの小倉智昭は「そんなことに75年もかけるって、ハーバードも大したことないね」と呆れながらコメント。松本も「ハーバードの将来性がヤバイね」と皮肉った。"

松本人志 膨大な時間と費用をかけたハーバード大学の研究結果に呆れ - ライブドアニュース (via wild-rabbit-resistance)

(wild-rabbit-resistanceから)

do-not-touch-my-food:

French Dip Sandwiches